本文へジャンプ

      
            


アルミケースには合板と合金の2種類があります。
用途によってケースを使い分けます。



ベニヤ板とアルミの合板で作られたケース。フタと本体のかみ合わせ部分にアルミサッシを使用。

表面はエンボスアルミt0.3mmにベニヤt5.5mmを貼り付ける合板で、
各種補強が充実していますので強度面に優れています。
特注トランクも、この仕様が多く使われています。








アルミ合金は1.0mm〜1.5mmの1枚板を使用し、曲げ加工で製作します。
軽量で丈夫が特徴です。アルミ合板ケースと比べて、1枚板で修理がしやすく
ベニアを使用しないために産業廃棄材が少なくてすみます。

フタと本体のかみ合わせ部分は折り曲げ加工となります。





  
 大阪鞄材
大阪市天王寺区烏ヶ辻1−3−5
E-mail:osakaohg@hyper.ocn.ne.jp
Tel:(06)6771-3223 Fax:(06)6772-2273


All rights reserved. Copy right(c) Osaka Trunk Material Company Ltd